.

よく、「かかりつけのお医者様を持ちましょう」と言われると思います。

自分のくせというか症状を理解してもらうには、 回数と時間を重ねる必要があります。

何度も会っていれば、なんだか安心しますしね。

それと同じように、自分のお金の流れについても かかりつけのお医者様というか相談ができる人がいてもいいのかなと思います。

そう聞くと、一部のお金持ちの家か会社の社長さんをイメージするのですが、 どの家庭にもお金は流れていて、ライフイベントによってその流れは変わります。

その流れが変わったりした時や一大事の時には、 お医者様が必要なのと同じようにお金のホームドクターがいると安心です。

そうかと言って、お金を出して顧問税理士をつけるというお話ではありません。

実はその役割を生命保険の営業担当ができるのです。

お金の流れを見たうえで保険の提案をしているので、事情はよく知っているはずです。

相談すると保険を売られそうだというイメージもあるかもしれませんが。