.

外国為替市場介入(為替介入)という言葉は聞いた事がありますか?日本銀行が為替介入(外国為替市場介入)をして新聞、雑誌記事、テレビ番組、ネットなどの報道記事で見られた方もいると思います。

初めから外国為替平衡操作(為替介入)というのは日本においては、・財務大臣が為替相場の安定性を保てるように実施する手はずとして使われています。

要は、極端な円高もしくは円安が起きると財務大臣の指令が出ると日銀が日本円の売り買いをして為替のレートの安定をさせるものです。

外国為替平衡操作(為替介入)には方法が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・行政もしくは中央銀行(日本銀行)が東京市場において直接市場に加わって為替介入をする。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが話し合ったうえでそれぞれの通貨当局の資金を使い一緒ないし断続的に為替介入を行なっていく。

3.委託介入・・・他の国の通貨当局へ介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局に代わって介入を実施する。

この通り方法です。

どの方法の為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、または引き続いて為替レートに大きな影響力を与えるでしょう。

為替の介入の金額はやはり自分の国の誇りをかけているのですからスケールが違うのです。

円を基本にして例えると、いつもは数銭ごとに変化する相場が突如数円ごとの動きをします。

個人の投資家の方であれば過去に経験したことがあると推測できますがそこまでは順当に含み益(または損失)が多いポジションを保持していたのだが、その保有高が決済したとのことで通達が外為の会社よりEメールが来ました。

いくらくらいの儲けかな(損益が出たのかな)?と思いながら決済報告を確認すると自ら思っていた結果とはまったく反対の事にびっくりしたとの例があるのです。

外国為替平衡操作(為替介入)が実施された場合に多く聞いた話なのです。

この例のように介入が施行されると為替市場の変動と正反対の動向をするものです。

変動する金額の幅はものすごく大きく大幅に変化するため気をつける必要があります。