.

クレジットカードが不必要に思える…このような時は無効化(むこうか)です。

講釈は無用だと思われますが、解約とはあなたが持っているそのカードを二度と買い物などに赴いても買うことの出来ない状態にするようなことを意味します。

あなたが今読んでいるこの一節で不必要になったカードの使用不可能化のやり方から解約に際しての注意点などを徹底的に整理してみました。

この一節を読んでもらえたならば使用の中止をする時の悩みをスパッと払拭して安心してもらえると思います。

誤解を恐れずに断言してしまうと不要になったカードを無効化することはとてつもなく楽なのです。

「クレカにいっぺん手続きをしたらなかなか無効化するのは手間じゃないの?」といったことや、「 カードの無効化の願い出が煩雑なんじゃないだろうか?」という風に誤解してしまう会員も多いなどという噂だ耳にするがクレカの機械読み取り側に印刷された受付窓口に連絡をした後、クレジットの契約解除の考えを知らせるだけで楽ちんで機能停止が可能(ほとんど3分くらいで完了してしまいます)。

クレカを作り入会手続きをする段階ではあそこまで手間だったというのに契約解除の事務手続きは本当に数分間のやり取りだけ?などと驚いてしまうと思います。

本当に無効化の仕方は労力なしなものなのでしょうか?その通りです。

クレジットの機能停止のやり取りは例外的な場合を考慮に入れなければ使用中止のために取り寄せなければいけない専用の用紙もいらない上にダラダラと慰留されるような事態もない。

嘘偽り無しに「持っている××クレジットカードを無効化したいと思っておりますが!」というように会社の係の人に直接意向を言うことさえすれば完了するのです。

実は、知人も昔から30枚以上にわたってクレジットを無効化するために電話し続けてきたものの使用中止でスムーズに行かなかったような場合はほぼ心配ありませんためこのポイントについては安心して頂きたいものです。

事情通から耳に入ってきた話によると契約解除を申請電話したところその事情に関して差し支えなければ聞いてもいいかと言われる場合があったらしいのですが、しつこく追及されるのではなくサービスクオリティの調査に過ぎない軽い聞き方だったと言っていたので引き止められる面倒もなかったと言っていました。

もし理由を説明しなければいけなくなったという場合でも気を遣わずに『必要なくなったと感じたから』や『あの会社のカードのお知らせを読んだらその方が便利そうだから』というように言えばおしまいです。