.

民事再生は住宅ローンなどを含む複数の債務に陥っている個人を対象にマンションを維持したまま経済面で立ち直るために公の機関を通した債務を整理する手順として2000年11月に適用されるようになったルールです。民事再生制度には、自己破産と違って免責不許可となる条件がなくギャンブルなどで債務がふくらんだ場合でも民事再生手続きは選択可能ですし破産申告をすると業務が不可能になってしまうポストで働いているような人でも制度の利用が検討できます。破産手続きの場合は住宅を手放さないことは許されませんしその他の選択肢では、元金は支払っていくことが要求されますので住宅ローンも払いつつ返済をしていくことは多くの人にとっては困難だと考えられます。ですが、民事再生という手続きを選ぶことができれば、住宅ローンを除いた負債については金額を削減することもできますので十分にマンション等のローンを返済しつつ残った借金を支払っていくようなこともできるということです。民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停などと異なり一定の借金だけを除いて手続きしていくことはできませんし、自己破産のように債務それそのもの帳消しになるのではありません。それから、これ以外の債務整理と比べて手続きの方法が負担もかかりますので住宅ローンなどがありマイホームを維持したい状況などを除いて、破産申告等それ以外の債務整理ができない際の限定された手段と考えるのがいいと思います。