.

民事再生という方法は住宅ローンを含め複数の債務に悩んでいる方をターゲットとして住居を維持しながら金銭管理において再建するための法的な謝金の整理の処理方法として2000年11月にはじまった解決方法です。民事再生制度には、破産申告と違って免責不許可となる要素がないので、賭博などで債務が増えたような場合においてもこの方法はOKですし破産手続きが理由で業務ができなくなる可能性のある業種で生計を立てている人でも手続きが検討できます。破産の場合にはマイホームを残すわけにはいきませんし任意整理と特定調停では元金そのものは返済していくことが求められますので住宅ローンを含めて払っていくのは多くの人の場合困難だと思われます。ただし、民事再生による手続きを選択することができれば住宅のためのローンを除く負債については多くの額をカットすることが可能ですので余裕を持ちながら住宅ローン等を払い続けながらあとのローンを返していくようなことができるということになります。ただし、民事再生という選択肢は任意整理による手続きや特定調停などとは違って一部分の借り入れを除いて手続きしていくことは許されませんし、破産申告の場合のように借金そのものが消えるということでもありません。くわえて、そのほかの手続きと比較しても手続きの方法が煩雑で負担もかかりますので住宅ローン等を持っていてマイホームを手放したくないような場合等を除外して破産宣告などのその他の方法がない際におけるあまり優先したくない手段としておいた方がいいでしょう。